空き家の定義って?空き家の...

Blog空き家の定義って?空き家のリスクもご紹介します!

「浜松市周辺で空き家を持っているだけで今後どうしよう悩んでいる。」
「そもそも空き家の定義って一体何なのか。」
このようにお考えの方へ今回は、上記の疑問を解決する情報をお伝えします。
空き家の定義と所持しているリスクについて一緒に確認していきましょう。

□空き家と判断される基準について

自分達がイメージする空き家の基準と、国が決めている基準では異なることをご存知でしょうか。

*国が定める空き家の定義とは

まず空き家とは国土交通省によると、「1年以上誰も住んでいない状態」、「1年以上何も使われていない状態」これらの状態のことを空き家と定義づけています。

*空き家の判断方法について

空き家の定義は、1年以上使われていない状態ということがわかりました。
ただ、それだけでは判断しづらいため国が定めた空き家と判断方法についていくつかの具体例を用いて紹介します。

1つ目は、誰も住んでいない空き家であっても賃貸、別荘、倉庫として利用されていると判断されれば空き家ではありません。
その判断方法は、家に人の出入りの有無、電気、ガス、水道などのライフラインの使用などがあるかどうか確認します。

2つ目は、登録記録や住民票の記録に不備がある場合は自治体から空き家と判断されることがあります。

3つ目は、家やその土地の安全・衛生面に問題があると管理されていないため空き家と判断されることがあります。

□空き家が抱えるリスク

1つ目は、特定空き家認定を受けてしまうことです。
これにより空き家対策特別措置法によって行政から家の管理の指導を受けたり、強制的に介入されたりする恐れがあります。
この措置法によって建物の状態が不安定、倒壊の危険があると判断された場合、大規模な修繕工事や解体による費用がかかり大きな負担になります。

2つ目は、犯罪に巻き込まれる恐れがあります。
空き家が放火のターゲットにされて管理不足と判断された場合に焼け残ったものの撤去費用や第三者への損害賠償を請求される恐れがあります。

3つ目は、老朽化が進んでしまうリスクがあります。
害獣によって荒らされる被害や人が住まないことが原因として挙げられます。

□まとめ

空き家の定義と所持しているリスクについて紹介しました。
空き家の国が定める定義と自分のイメージとのギャップから知らない間に空き家になってリスクを負うのは嫌ですよね。
当社は、空き家などの不動産の売却を行なっていますので、浜松市周辺で何かご不明な点がございましたらぜひ当社にご相談ください。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る