不動産を売却するときに火災...

Blog不動産を売却するときに火災保険はどうなる?

「家を売りたいけれど、加入している火災保険や税金について、どうしたらいいか分からない。」
不動産売却を考えている方の中には、そんな悩みを抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、不動産の売却で火災保険はどうなるのか、また、火災保険以外に返ってくるお金は何かについて解説します。

□不動産を売却すると火災保険ってどうなるの?

*火災保険の解約について

不動産を売却する場合、契約している火災保険は解約する必要があります。
契約期間が残り1カ月以上ある場合、解約後から契約期間までの未経過分にかかる保険料は返ってきます。

ただ、火災保険解約後、買主に不動産を引き渡すまでの間に災害が発生し、不動産に大きな被害が出てしまった場合、その莫大な修繕費は売却した売主が支払う必要があります。
未経過分の保険料を多く返してもらうために早く解約してしまうのは、リスクが大きいことを理解しておきましょう。

*火災保険の解約方法

まず、加入している火災保険の会社に電話し、解約の旨を伝えます。
次に、保険会社から届いた書類に必要事項を記入し、転送します。
そして、未経過分の保険料が、指定の口座に振り込まれます。

契約している保険会社によっては、PCやスマホ上ですべての解約手続きを完結できる場合があります。
簡潔に解約手続きを済ませたい方は、契約している保険会社のホームページもチェックしておきましょう。

□火災保険以外に不動産の売却時に返ってくるお金とは?

まずは、固定資産税と都市計画税が挙げられます。
これらは毎年1月1日時点で不動産を所有している人に課せられます。
そのため、年度の途中で不動産を売却すると、引き渡し後の分については買主に支払ってもらえます。

次に、住宅ローンの保証料が挙げられます。
住宅ローンを組む際に保証料を一括で前払いしている場合、所有している不動産を売却する際に未経過分の保証料を返金してもらえます。
ただし、保証料を毎月分その都度支払っている場合は、返金されませんので注意してください。

銀行や保証会社によって返金額の計算方法は異なるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産を売却する際に火災保険がどうなるのか、火災保険以外に返ってくるお金は何かについて、詳しく解説しました。
当社は、豊富な経験と専門知識、そして手厚いサポートで、お客様の納得のいく取引を提供します。
浜松市周辺で不動産売却をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る