空き家が増える理由とは?原...

Blog空き家が増える理由とは?原因と解決方法を解説!

今、空き家が増えていることが問題となっている現状を知っていますか。
これは少子高齢化などが理由で起こっています。
この空き家の増加している問題を解決するにはいくつかの方法がありますので、空き家が増える理由とこれを解決する方法をお伝えします。

□空き家が増える理由とは

1つ目の理由は、少子高齢化が進んだためです。
昔は今と比べると人口が多く、その分人口の数に影響されて住居が作られました。
しかし、今は少子化が進んだことで人口が減っています。

そのため、人口の減少によって以前まで使われていた住居が空き家となって増加しています。
また、高齢化によって寿命が伸びたことと関係して介護施設が増えました。
これにより自宅ではなく介護施設の利用が増えたことが原因で空き家が増えています。

2つ目の理由は、固定資産税を抑えるためです。
固定資産税は、建物を壊して更地にした場合と比べて住宅が建ったままでは6分の1になります。
更地にすると固定資産税が高く、解体に費用もかかるため更地にせずに使わなくなった住居をそのままにしておくため空き家が増加します。

3つ目の理由は、世帯数よりも住宅数の増加の方が高いためです。
住宅を提供する側としては中古住宅よりも新築住宅が売れると利益が大きいため、たくさん新築住宅を売りたいと考えています。
さらに、住居を探している人は中古住宅よりも新築住宅に住みたいという気持ちを持っているため両者の事情からマッチしており新築住宅が増え続けています。

□空き家の増加している問題を解決する方法とは

1つ目は、空き家バンクを利用する方法です。
空き家バンクとは賃貸や売り買いを目的としたマッチングサーブビスのことです。

2つ目は、空き家管理の代行サービスを依頼する方法です。
空き家バンクと異なり、運営を代行して行ってもらうサービスのことです。

3つ目は、空き家を賃貸住宅にするためにリフォームする方法です。
中古で使用感があり買い手や借り手など見つけられず賃貸できなくても、空き家をリフォームして新品同然にすることで買い手や借り手を見つけます。

4つ目は、空き家を売却する方法です。
空き家を売却できるのであれば、固定資産税を払う必要もリフォームする必要もありません。

□まとめ

空き家が増えている理由とそれを解決する方法について紹介しました。
少子高齢化、税金、世帯数よりも新築住宅の増加が多いことが理由で空き家の増加原因です。
空き家を有効活用するか売却することで解決できます。
当社は、浜松市周辺で不動産の売却を行っていますので何かお困りの際はご相談ください。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る