一人っ子で実家を売却するの...

Blog一人っ子で実家を売却するのが不安な方へ!売却のポイントをご紹介!

「実家を売却したいけど、一人っ子だし不安」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
一人っ子の場合、すべて自分で行わないといけないので心配になりますよね。
そこで今回は、一人っ子が実家を売却する際のポイントをご紹介します。
相続の問題についてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

□一人っ子が実家を売却する際のポイントをご紹介!

1つ目は、相続登記を早めに進めることです。
なぜなら、相続登記をするのに約1ヶ月から2ヶ月の時間がかかるからです。
他の準備が整ったとしても、相続登記ができていないことが原因で待たされてしまう可能性があります。
そのため、相続登記申請中に遺品整理や荷物の片付けをしておくと効率良く売却を勧められます。

2つ目は、相談できる人を身近に作ることです。
売却手続きを全て自分で行うと、必ず不安になるでしょう。
実家の売却は大きなお金の取引になるので、失敗できません。
信頼できる友人や親戚と一緒に相談しながら手続きしていきましょう。

3つ目は、実家の中はあらかじめ空っぽにしておくことです。
荷物や不用品を置いたままでは、内見する際の印象が悪くなります。
そのため、地域の不用品回収業者や遺品整理業者に依頼して綺麗に片づけておきましょう。

□把握しておきたい相続の問題とは?

1つ目は、基礎控除額の相場についてです。
相続税がどれくらいかかるか心配な方は多いでしょう。

しかし、多くの場合相続税は免除されます。
相続税は基礎控除額が定められているからです。
基礎控除額とは、相続税の支払いが免除される一定の金額のことを指します。

最低額である3000万円に法定相続人に600万円掛けた額を足した金額が基礎控除額です。
2人兄弟であれば、4,200万円が控除されますが、一人っ子だと3,600万円になります。
一人っ子の場合、税制的には不利だと言えるでしょう。

2つ目は、賃貸に出す人もいるということです。
賃貸だと、家賃収入も得られますし、契約が終わると実家に住めます。
賃貸に出すなら、不動産所得の確定申告と不動産所得税の納税が必要です。
賃貸契約は個人同士でもできますが、トラブルが起きたときに代わって対処してもらえる不動産会社に依頼して仲介してもらった方が安心です。

□まとめ

今回は、一人っ子が実家を売却する際のポイントにについてご紹介しました。
一人で売却の手続きを行うのは不安でしょう。
当社では、不動産の売却のサポートをしています。
浜松市周辺で売却をお考えの方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る