家を売るのはどの時期が良い...

Blog家を売るのはどの時期が良い?ポイントをご紹介します!

「家を売りたいけど、売る時期があまり分からない」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
できるだけ早く、高い価格で売りたいですよね。
そこで今回は、家を売る時期の判断基準と家が売れるまでの期間をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□家を売る時期の判断基準とは?

1つ目は、市況から考えることです。
例えば、不動産の需要と景気などをもとに時期を判断する方法があります。
供給数よりも需要の数が多い時期であれば、高い価格で売りやすくなります。
また、不景気だと不動産価格が下落し、好景気のときは価格が上がるという傾向があります。

2つ目は、築年数から考えることです。
一般的には、築年数が経てば経つほど、売却価格も低くなります。
価格が低くなるスピードは、一定ではなく築年数ごとで違う特徴がある点に注意しましょう。

中でも、木造建築の一戸建てはマンションと比較して価格の下落スピードが速いです。
築浅の場合、1年経つだけで価値が大きく変わるのでなるべく早めに決断しましょう。
しかし、築20年を超えると、価格が低くなるスピードは比較的ゆっくりになります。

3つ目は、シーズンから考えることです。
不動産を売る価格は、売り出す時期によって影響を受けます。
1年の中で1番需要が高くなるのは、新生活が始まる前の1月から3月です。
そのため、この時期に売り出すと成約率は高くなるでしょう。

また、10月前後は人事異動や転勤が行われるので、この時期も需要が高く、狙い目です。

□家が売れるまでの期間をご紹介!

不動産市場に適した価格で家を売った場合、売れるまでの期間は約2ヶ月から3ヶ月と言われています。
しかし、価格や間取りなどによっては、売れるまでに3ヶ月以上かかる場合もあります。

3ヶ月以上経っても売れない場合でも、すぐに価格を下げる必要はありません。
家の売却はタイミングによる部分が大きいので、価格を下げなくても買い手が出てくる可能性は十分にあります。

家を売る際は余裕を持ち、焦らずに計画を立てていきましょう。
また、家やマンションを売る際の仲介をする担当者も重要です。
何回か打ち合わせをして分からないことがあれば、遠慮せずに聞くようにしましょう。

□まとめ

今回は、家を売る時期の判断基準と家が売れるまでの期間をご紹介しました。
家の売却を検討されている方はこの記事を参考に、売る時期を考えてみてください。
浜松市周辺で、家の売却をお考えの方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る