浜松市周辺で空き家の売却を...

Blog浜松市周辺で空き家の売却を検討している方必見!売却する際の注意点と流れについてご紹介

「空き家を売却する際の注意点について知りたい」
「空き家を売却する際の流れを教えてほしい」
この記事では、空き家を売却する際の注意点や空き家を売却する際の流れについて紹介します。
浜松市周辺で空き家の売却をお考えの方はぜひご覧ください。

□空き家を売却する際の注意点についてご紹介!

空き家を売却する際の注意点について2つ紹介します。

1つ目は、自己判断での空き家の解体は避けましょう。
老朽化が進んできている空き家は、解体して更地にした方が良いです。
しかし、自己判断で空き家を解体してしまうと売却する際に失敗する可能性があります。
空き家の状態や地域によって、空き家を解体しない方が需要になる場合があります。
そのため、解体する前に不動産会社に相談すると良い判断ができるでしょう。

2つ目は取得費が不明だと、不動産売却で得た利益にかかる税金が本来より高くなる可能性があることです。
相続した空き家や購入から年数が経っている空き家を売却した場合、購入当時の資料がなく取得費が不明なことも十分考えられます。
取得費が不明の場合、実際の取得費が売却価格の7パーセントだったとしても、売却価格の5パーセントを取得費とするため、譲渡所得税額が大きくなります。

□空き家を売却する際の流れをご紹介!

空き家を売却する流れは、その空き家の所有者の状態によって変わります。

実家が空き家になっている場合の売却する流れは、親が存命であるが住まなくなった場合と親が他界してしまって空き家になっている場合で変わってきます。

今回は、親が住まなくなった空き家を売る場合について紹介します。

まず、親の代理人を決めて不動産会社に査定を依頼します。
空き家がどれくらいで売れるのか、査定価格を不動産会社に出してもらいましょう。

次に、不動産会社を選んで仲介契約を結び、販売活動を行います。
購入希望者が出てきたら、希望条件などを確認して不動産会社を通じて交渉をします。

そして、売主・買主が合意をしたら売買契約を行います。
この際、手付金として販売代金の一部を受け取ります。

最後に、決済と引き渡しを行います。
引き渡しの日には、売主と買主が対面し、不動産会社の担当者が立ち合いのもと、売買代金や仲介手数料の支払いをします。

□まとめ

この記事では、空き家を売却する際の注意点や空き家を売却する際の流れについて紹介しました。
この内容を参考にしていただけると幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。
担当者が最後までサポートします。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る