浜松市周辺で空き家の売却を...

Blog浜松市周辺で空き家の売却を考えている方必見!売却するデメリットについてご紹介!

「空き家を売るデメリットって何なのか」
「放置するしかない空き家はどうすべきなのか」
この記事では、空き家を売るデメリットと放置するしかない空き家はどうすべきなのかについて紹介します。
浜松市周辺で空き家の売却をお考えの方はぜひご覧ください。

□空き家を売るデメリットとは?

今回は、空き家を売るデメリットについて3つ紹介します。

1つ目は、資産の1つを失ってしまうことです。
空き家といっても、資産には違いないです。

そのため、売却してしまうと、その後空き家の需要が高まるなど、どのようになろうとも口出しすることができません。
不動産を持っていることで、将来活用することもできますし、子供たちに残しておくという選択肢もあります。
売却して現金に換えてしまったら、残すことは不可能に近いです。
思い出のある実家の場合、思い出を手放すということになります。

2つ目は、売りたくても売れないケースがあります。
空き家を売却したくても、物件の立地条件などによって買い手が見つからない場合があります。
売却先を見つける労力や手間がかかることも空き家を売るデメリットとして挙げられます。

□放置するしかない空き家はどうすべき?

空き家の適切な管理ができずに放置するしかない場合、デメリットのリスクがとても大きいため、早急に手放すことをおすすめします。
そこでデメリットについて2つ紹介します。

1つ目は、近隣トラブルです。
最近テレビなどでも取り挙げられていますね。
老朽化が進むことで、倒壊の恐れがあることや、失火や不審火の恐れがあるなど、トラブルになる元がたくさんあります。
しっかり管理しなければ、空き家を持っているリスクが高くなるので注意する必要があります。

2つ目は、経済的負担です。
空き家といえども、固定資産税など一定の税金を支払う必要があります。
また、特定空き家に指名されてしまうと、税金の優遇を受けることができません。
そうなると、通常の6倍の税金を納めることになります。

特定空き家は、老朽化だけでなく、植物繫茂や不法侵入のリスクも考慮されるため、この点においても注意が必要です。
まずは、不動産会社に相談して売却するためにはどうすれば良いか話し合いをしましょう。
ある程度、老朽化が進んでいる空き家は資産価値が下落しています。
そうなると、売却する際の価格は安くなってしまうことが避けられません。

放置したままであると、価格が上がることはないため妥協する選択肢も大切です。
どうしても売れない場合、不動産会社に買取をお願いしてみましょう。

□まとめ

この記事では、空き家を売るデメリットと放置するしかない空き家はどうすべきなのかについて紹介しました。
この内容を参考にしていただけると幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。
担当者が最後までサポートします。

 

当社では、浜松市周辺にて不動産の売却や土地の売却、相続などを行っております。無料査定をご希望の方は下記ページまでお気軽にご相談ください。

https://www.0248-baikyaku.com/contact/

戻る